ミサタカの日々道々@ニュージーランドワーホリ

ギリホリ・ミサとソムリエ・タカのアラサーカップル 現在ニュージーランドにてワーホリ旅人中 、ニュージーランドでのあれやこれやをつれつれと綴ります

いちご苗抜き

みなさま、こんばんは!

午後6時すでにカーテンを閉め、寝る準備万端のミサタカです


ここ数日落ち着いた4時間労働で、ランチ前には解散するパッキングチーム
先日も11時には終わりせっせと掃除していると
みんな今から畑に行ってちょうだい!
とボスの声

え?

まさかピッキングの手伝い!?
パッキングの仕事終わったのに!?

と混乱していると、どうやら来年に向けて何か別の仕事があるそうで手伝っで欲しいとの事
その時ミサタカの脳裏にはここに来てすぐの藁を凄い勢いで撒いていくすごく大変な仕事の事がよぎった

またあのような仕事をするのか?
いや、しかしそこは将来少なからず農業も視野に入れているミサタカ
やるっきゃないっしょ
って事で日焼け止めを塗りたくり、水を大量摂取し
いざ、畑へ繰り出しました




そして畑で目にしたのは、汗だくで黙々といちごの苗を抜いているピッカーたちの姿
もぅ暑さで空気が揺らいでるのかピッカーたちの熱で揺らいでるのかわからない景色

うぉぉぉぉぉ、あれをやるのか


来なきゃよかった


小さく思ったことは秘密です
やりますよ仕事ですし経験ですし来年のいちごのため!!!
腹をくくりいざ苗抜きに加わります
最初は軽快にひょっこひょっこ抜けて、おぉ!思ったほど大変じゃないかも!ピッキングするより腰の位置も高いし〜

なんて思ってたのも束の間
あれ、なんかこの苗抜きにくいなーとか、ちょっと力入れないと抜けないなーとかでリズムが崩れ始め、気づけばなんか腰めっちゃ痛い!!!と完全にやられ始めました
それでも周りのピッカーたちはひょっこひょっこ抜いて行く
え?どうなってるんですか??
と焦る気持ちと体がついていきません

でもみんな優しいのです
手伝ってくれて、一列終わったら
ハイファーイ!
とハイタッチしてくれたり
この方々は私たちがパッキングしてる間もこの仕事をやっていて、このテンション
本当にすごいです

みんなの努力の跡

見よ、この勇士達の姿

アルマゲドンのあの曲が聞こえてくるようですね


ピッキングのみなさま、本当に尊敬します


さて、冒頭にも書きましたが本日絶賛早寝を目論むミサタカ
明日はなんと6時から仕事が始まります、ということで4時起き!!!
パッキングではありません
畑のお手伝いです
また苗抜いか!!と胸がざわついたのですが、どうやら違うお仕事のよう

行くまで分からないこのドキドキ感
しかしこのストロベリーの仕事もあと3日ですので
程よく楽しんでやっていきたいと思います!

というわけで眠ります!!

ではまた!