ミサタカの日々道々@ニュージーランドワーホリ

ギリホリ・ミサとソムリエ・タカのアラサーカップル 現在ニュージーランドにてワーホリ旅人中 、ニュージーランドでのあれやこれやをつれつれと綴ります

4月27日 GIBBSTON ワイナリー巡り

みなさま、こんばんは!

この日はイースターホリデーで閉店ガラガラだったギブストン地方のリベンジです!

まずは

MT Rosa
https://www.mtrosa.co.nz/page/386532

明るくて素敵なお姉さんがお出迎えしてくださいました!

さっそくテイスティングー!!

  • SAUVIGNON BLANC 2016
  • RIESLING 2016
  • PINOT GRIS 2015
  • PINOT GRIS 2010
  • PINOT BLANC 2016
  • ROSE 2016
  • PINOT NOIR 2015
  • PINOT NOIR 2014

ヴィンテージ違いで飲めたりすごく楽しかったです!
そしてPINOT NOIR 2014がバツグンに美味しかったです!!!!
この2014年のピノ・ノワールは良い年だったみたいでどこのワイナリーでもセラードアの方がおすすめしてくれますし、飲んでみても本当に美味しいものばかりでした!
さすがピノ・ノワールといえばのセントラルオタゴ!

そしてお姉さん特製ホットワインも頂いちゃいました!
Wine Syrupというのが作られててそれを使ったそうで
寒かったですし、ほっと心温まる味でとても美味しかったです

続いてそのMT Rosaの真向かいにある
Brennan Wines
http://www.brennanwines.com/


すごくシックでかっこいい作りのセラードア

こちらでは

  • TRIO 2015 Gewurztraminer Riesling Muscat
  • PINOT GRIGIO 2015
  • PINOT GRIS 2014
  • RIESLING 2016
  • B2 GEWURZTRAMINER 2014
  • CHARDONNAY 2015
  • TEMPRANILLO ROSE 2016
  • TEMPRANILLO 2015
  • B2 PINOT NOIR 2014
  • PINOT NOIR 2014
  • PINOT NOIR 2011

こちらはもー、ものすごいクオリティが高くてタカ氏も目をキラッキラ輝かせて飲んでました
なかでもニュージーランドで相当珍しいTEMPRANILLOがあった事に大興奮!!
まだまだこれからという感じのテイストではありましたがすごくしっかりとした作りでした
Brennan Winesは市場には10%しか出しておらず残りの90%はセラードアでの販売なんですって!
すごくこだわりを感じます
素敵な時間でした

そして
MOUNT EDWARD http://www.mountedward.co.nz/
アポを取ってなかったのとすごく忙しそうだったので表だけ写真を撮り

Gibbston Valley Wines https://www.gibbstonvalley.com/
人が多すぎて大手さんでいつでも行けるかって事で諦めてこちらも写真だけ撮って
こちらは洞窟の中にセラーがあって中を見学する事が出来るカーヴツアーは有名です
中はワインの出来るまでみたいな展示があったり広々としてました

隣はチーズショップ

見てるだけでも随分楽しかったです!

そしてこの日最後のワイナリー
Chard Farm
http://www.chardfarm.co.nz/



ちょうどニュージーランドの有名なバンジージャンプの川挟んで向かい側辺りにあり

ものっすごい断崖絶壁を走ってワイナリーまで向かわなくてはいけなくて
砂利道だし

もうただただ
恐怖

そして迎えてくれたオブジェ

さらに少し増す恐怖感 笑


迫力あるセラードア
中に入ると誰もいなくてすぐ奥にタンクとかあってすごく忙しそうな印象
おずおずと声をかけると明るく素敵なおばさまが快く対応してくださいました
なんとスキーが大好きで日本にもスキーをしにいらした事があるみたいで、テイスティング前にすごく話が弾みました

こちらでは

  • PINOT GRIS SurLie 2015
  • RIESLING 2016
  • River Run PINOT NOIR 2015
  • Finla Mor PINOT NOIR 2015
  • MATA-AU PINOT NOIR LOWBURN VINEYARDS 2014
  • MKⅡ PARKBURN PINOT NOIR 2013

どちらもとても個性的なテイストですごく興味深かったです
畑違いのPINOT NOIR もそれぞれ個性豊かでタカ氏の鼻息がだいぶ荒かったです

MATA-AUってえ!?日本語!?って聞いてみたところマオリ語との事(肝心の意味は忘れてしまった)
なので、日本人観光客の方は結構食いついてくるわよとおばさまはおっしゃってました

そんな感じでこの日のワイナリー巡りはおしまい
まだまだワイナリー巡りは続きます!

乞うご期待

ではまた!